お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




どこか日本の田舎を思い出す、世界一幸福な国。


ヒマラヤのシャングリラ(桃源郷)として知られる仏教王国。
20世紀後半まで鎖国状態だったため、手付かずの美しい自然と、自給自足を基盤にした伝統的な生活文化が残る国です。
中国とインドの2大国に挟まれていますが、インド文化の影響は少なく、チベット文化圏に属し、広大な仏教圏、チベット文化圏の文化と伝統を伝える残されたサンクチュアリでもあります。
電気、乗用車、電話、テレビが一般に普及したのは21世紀に入ってから。国情から、旅行にも特殊な制約はありますが、世界中のほかのどの場所でもできない体験ができます。
どこか日本の田舎を思い出す田園風景や、キラ、ゴという伝統衣装を着て通勤、通学する人々。
懐かしさと驚きを感じずにはいられません。世界一幸福な国、ブータンへ出かけてみませんか?

ブムタン谷(ジャッカル)ページトップへ>

ブムタン谷(ジャッカル)
Bumthang
(Jakar)
ブータンの聖地であり、美人の多い
ブムタン谷。

チョメ・チョコル・タン・ウラという隣接した4つの谷からなるブムタン地方は、多くの寺院が建つブータンの聖地です。パロのタクツァン僧院と並ぶパドマサンババの霊場クジュ・ラカンは必見。ブムタン地方は王家の人々の出生地でもあり、美人が多いとも言われています。まじめで純粋で優しく、明るいブータンの人々に出会える地でもあります。素敵な笑顔を見せてくれる子供達にも癒されます。ブータンの原風景が見られるブムタン谷で「幸せの国」ブータンを感じてください。訪れた旅人も幸せになれます。


パロページトップへ>

パロ
Paro
唯一の空港がある街。
ブータンの旅の始まりはここから。

ブータン唯一の空港がある『空の玄関』パロは、行政府とお寺を兼ねるパロ・ゾン(ゾンとは砦、お城の意味)とその見張塔だったタ・ゾンが小高い丘の斜面に立ち、その西側に流れるパロ・チュ(チュは川の意味)対岸の小さな商店街を見下ろしています。パロのホテルはほとんどが、商店街のさらに西側にあるオラタンエリアの丘の上に建ってます。


タクツァン僧院ページトップへ>

タクツァン僧院
Takstang
Monastery
絶壁にそびえ立つ虎の巣穴と呼ばれる
タクツァン僧院。

ブータンの観光名所の中でも見逃せないのがタクツァン僧院です。パロから日帰りで訪れるタクツァン僧院は、ブータンの旅のハイライトとも言えるほどの迫力ある見所です。なんといってもそのロケーションがすごいのです。険しい山の斜面の崖っぷちに貼り付くようにして建てられた僧院には誰もが驚くはずです。これはヒマラヤの地方に仏教を伝えたといわれる、人々から敬愛されるグル・リンポチェによって8世紀に建てられました。1998年に火災に見舞われたものの、その後修復されました。登山道を歩いて登ると展望台からの眺めは絶景です。そこでお茶など飲んで休憩した後は下りの道のり。トータルで約3時間の行程です。


ティンプーページトップへ>

ティンプー
Thimphu
独自の伝統を守りつつ近代化が進む
ブータンの首都。

ブータンの首都であり、政治、宗教、商業の中枢です。独自の伝統を守りつつ、近代化が進む珍しい都市です。ティンプーでは、伝統様式を用いた建物に統一し、国家の個性をしっかりと維持しています。ブータンを象徴するゾンや寺院の他に、図書館、博物館、動物園、専門学校、映画館、銀行、娯楽施設などの都市化された施設も充実しています。外国人向けのレストランやホテルは数多くあり、旅行者に向けたサービスも充実しています。


ポプジカページトップへ>

ポプジカ
Phobjikha
オグロヅルの観測地として有名な
ポプジカ谷のある街。

ポブジカ谷はブータンで最も美しいとされている名所の1つです。山々に囲まれたポプジカのような美しい谷はブータンの中でも珍しく、底が広いお椀のような形になっており、湿地帯です。 ポブジカはワンデュポダン県に属し、西部と中央部を隔てて連なるブラックマウンテンの国立公園内に位置します。秋から冬にかけて広大な地にオグロ鶴の群れを見ることができます。


プナカページトップへ>

プナカ
Punakha
古都プナカのゾンは、
ブータンでナンバー1の美しさ。

現在の首都はティンプーですが、以前は冬になるとティンプーからプナカへ首都が遷移されました。ティンプーよりも1000m近く標高が低いこの地は一年を通して温暖であり、自然豊かで穏やかな町です。プナカ谷には男性を表すポ・チュ(ポ川)と女性を表すモ・チュ(モ川)の二つの川が流れ、作物や果物の栽培が盛んな谷です。
ティンプーからプナカまでは、ドチュ・ラ峠(標高3,050m)を経由し車で3時間ほどかかります。天気が良ければ峠からはヒマラヤ山脈を望むことができます。


ワンデュ・ポタンページトップへ>

ワンデュ・ポタン
Wandue
Phodrang
山間民族の色鮮やかな民族衣装や
伝統文化を体感できる街。

ワンデュポダンの一番の見所はほぼ原型に近い、昔そのままの形をとどめるゾンです。改築、再建を重ねてきらびやかになったプナカのゾンと比較するととてもおもしろいものです。古いままのよさがそのまま残っているワンデュポダン・ゾンは必見です。ワンデュポダンは町の移築を計画していて本来だとすでに移築が済んでいるはずですがそこはブータン、新しいワンデュポダンの町が完成していません。新旧の町を見てブータンの今を見るのもワンデュポダンならではの楽しみ方です。


チョモラリ・トレックページトップへ>

チョモラリ・トレック
Chomo
Lhari
Trek
遊牧民と絶景の山々に大感動!

ブータンで一番人気のチョモラリ・トレック。チョモラリは「女神の山」と意味し、西部チベット国境にある高峰(7314m)で、ブータンを代表する山です。この山に登るのではなく、氷河地形の中にあるジャンゴタン村のチョモラリベースキャンプ(4090m)を目指すのが一般的。チョモラリ、ジチュダケなどブータンを代表する山々の展望が楽しめる秋の旅行や、初夏にはブータンの国の花、ブルーポピーを見る旅人も多いです。峠がなく、徐々に高度を上げていくので高山病の恐れが少なく、体調が悪くなっても下山しやすいなど、初心者でも挑戦しやすく、景観も素晴らしいのが特徴です。